忍者ブログ
マークバイマークジェイコブス トリーバーチ ボッテガベネタ チャンルー
| Admin | Res |
2017/12月
<< 11     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニュージーランドにワーキングホリデーで行く!生活費についての話は今回で最後です。

ここまでは、出て行くお金、つまり支出のみの話をしてきました。しかし、忘れていけないのは、入ってくるお金、つまり収入があるという点です。

このワーキングホリデーという制度は、その国で簡易的ですが、働くことができるというのが、他のビザと大きく異なる点なのです。たとえば観光ビザでやってきたとします。しかし働くことはできませんから、お金は出て行くばかり。増えることは決してありませんね。その点、ワーホリの場合、労働によって生活費を補うことができるのです。

ですので、これまで「○○万円必要」といった話は、あくまで現地収入が無いことを前提に話してきました。ということは、現地収入があれば、その予算も減らすことができるというわけです。

では具体的にどのくらいの収入が見込めるか。この点については、後ほど詳しく書いていこうと思いますが、これも人によってそれぞれです。また、ニュージーランドのワーホリビザの場合、同一事業主での労働は3ヶ月までとなっています。

ずっと長く働けるというわけではないので、仕事を短いスパンで変えていかなくてはいけません。うまく仕事がつながればいいですが、タイミングなどもありますし、求人がいつもあるとは限りません。あくまで「ワーホリ」での収入は、予算を少し補う程度といった意味合いが強いようです。必ずいくら収入があるから、といった計画はたてずにいきましょう。

しかし、お金が減る一方ではなく、増やすこともできるというのは、心強いものです。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[11/09 diablo 3 gold]
[11/09 diablo 3 gold]
[11/09 diablo 3 gold]
[11/09 diablo 3 gold]
[11/09 diablo 3 gold]
最新トラックバック
(10/01)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Powered by Ninja Blog    Heart font by カワイイダケジャ    Template by Temp* factory
Copyright (c)マークバイマークジェイコブス トリーバーチ ボッテガベネタ チャンルーが大好き! All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]